browser icon
You are using an insecure version of your web browser. Please update your browser!
Using an outdated browser makes your computer unsafe. For a safer, faster, more enjoyable user experience, please update your browser today or try a newer browser.

住宅に太陽光発電を導入したい

太陽光発電はテレビや洗濯機の様に家電量販店では売っていません。
基本的に太陽光発電はオーダーメイドの様にその家に合わせて少しづつ作られていくものです。
簡単に市販のもので取り付けるというわけにはいきません。
価格も数百万円になりますから気軽に決めるのではなくじっくり考える必要があるのです。
パンフレットなどは家電量販店にも売っていますからそういったものやインターネットからどのような製品があるのかを取り寄せて調べてみることをお勧めします。
システムのメーカーはショールームなどを用意しています。
実際に見てみればイメージがつかみやすく、疑問なことも見えてきます。
分からないことがあったら専門家の方やショールームの営業の方に何でも質問していきましょう。
そしていざ購入しようと思ったら価格をチェックしましょう。
ショールームなどでは太陽電池パネル一枚の価格が表示されているのですがその価格だけで太陽光発電システムができるわけではありません。
住宅に取り付けるにはもっと多様なコストがかかるのです。
太陽光発電システムの価格の一つの目安となるのが国からの補助金を受けるためにある条件です。
補助金を受けることを前提に太陽光発電を探していくのがお勧めです。
国の条件は最大出力が10kw未満でかつシステム価格が60万円/kw以下であることです。
そのため、上限に設定されている1kwあたり60万円以下が選択の目安にあります。
たとえば3kwのシステムであれば180万円を超えないということになります。
さらに住宅に太陽光発電を取り付けたいと考えたなら現在の光熱費を調べることも大事です。
検針票をチェックして月々どのくらい光熱費を使っているのか夏と冬の差額などまでしかりチェックしましょう。
また昼と夜の消費電力の差などもチェックしておくとその後の太陽光発電のシミュレーションなどを比較するときにも役に立つのです。