browser icon
You are using an insecure version of your web browser. Please update your browser!
Using an outdated browser makes your computer unsafe. For a safer, faster, more enjoyable user experience, please update your browser today or try a newer browser.

太陽光発電のモジュール

太陽光発電のシステムの中でも最も大事なものがモジュールです。
これは屋根に設置する太陽光パネルの事です。
ほとんどの場合に家の向き、屋根の形、屋根のこう配などに合わせてモジュールとメーカーを選ぶのです。
その際、いくつかのメーカーの見積もりや特徴などを調べてどのメーカーが自分の家にあっているのか、効率が良いのかを調べます。
その時に頼りになるのが施工業者です。
いろいろ質問して自分の家にピッタリなメーカーを探しましょう。
チェックすべきことの一つが最大出力です。
モジュールが発電できる最大出力値のことです。
一つのモジュールで30から215wの最大出力があります。
広い屋根があればそれだけパネルを置くことができるので最大出力も増やすことができます。
交換効率とは太陽光エネルギーを電気エネルギーに変換するときの変換割合の事です。
この値が大きい変換効率が高いモジュールは面積が小さくても大きな出力を得られるのです。
ただ、メーカーの数値は特定の条件下で計測しているため実際の設置環境や気象条件などで数値が変わることを考慮しなくてはいけません。
もし見ているメーカーが大きなモジュールしか用意していない場合には設置面積が限られてしまうので注意が必要です。
比較的小さいモジュールであれば屋根のスペースに合わせることができるのです。
希望に添った最大出力に近づけることができます。
三角形や台形などのモジュールがあれば変わった形の屋根でも出力が多くなり見た目もきれいです。
このようにモジュールを選んだらパワーコンディショナも同じメーカーを選ぶのが望ましいです。
パワーコンディショナとはモジュールで使った直流の電流を家庭で使用できる交流電流に変える機会です。
パワーコンディショナーは標準化が進んでいないため、モジュールと同じメーカーを付けることが普通です。
最大出力にあったパワーコンディショナを選び電気変換効率の良いものがよいでしょう。