browser icon
You are using an insecure version of your web browser. Please update your browser!
Using an outdated browser makes your computer unsafe. For a safer, faster, more enjoyable user experience, please update your browser today or try a newer browser.

電力を自ら作り出そう

私達の暮らしは様々なライフラインが整備されていて、それを当たり前のように
使用出来る前提にて成立っています。
その事の大切さは普段の生活においては有り難味を覚える事は少なくて
実は台風や地震などの災害により利用出来なくなって始めてその大切さを
身をもって知ることができるのです。
例えば私達はスイッチを入れれば照明がついて夜の生活を快適に送れます
またコンセントに差し込めば各種電化製品が利用できるのです。
しかしながら一旦停電が起きますと、冷蔵庫などの中の品物は利用できなく
なる事もありますし、また最近は電気を用いた調理器が多いですので、
調理も行なえないのです。
この様な事態にならない様にインフラを管理する会社や自治体の方は
常に注意を払ってきているのです。
しかしながら最近は電力の供給量が充分行なえないケースもたまに出てきて
私達は節電を行なうとか、或いは消費電力の少ない商品への買換えを行なう
などして対応しています。
そして最近は自らが電力を作り出す取組みが進んできて太陽光発電を各地で
設置してきており、大阪においても海沿いの遊休地などを利用して民間企業
などが大規模な太陽光発電を設置して、発電した電力を電力会社に販売する
などの事業を始めています。
また企業の敷地内にも太陽光発電を設置して、自社で利用する電力の一部
として利用するなど対応を図っています。
大阪は企業も多い街ですので、これらの取組みが広がれば電力の供給に
余裕
が出てくると思われます。