browser icon
You are using an insecure version of your web browser. Please update your browser!
Using an outdated browser makes your computer unsafe. For a safer, faster, more enjoyable user experience, please update your browser today or try a newer browser.

発電シミュレーションをしてから太陽光発電を

太陽光発電を導入したい場合には設置業者を比較してさまざまな話し合いをする必要があります。
まず、現在の光熱費を把握しておかなくてはいけません。
なぜならば、太陽光発電してどのくらい光熱費が浮くのかきちんと比較しないと太陽光発電にするメリットがなくなってしまうからです。
そのためにも一年間の検針表などを集めて置いてきちんと光熱費を比較しておきましょう。
さらに自宅の屋根についても知っておかなくてはいけません。
太陽光発電のパネルは屋根に取り付けます。
屋根の面積、形状、傾斜は大事な要素です。
そして最も重要なのは屋根の方角です。
この方角次第で発電量がずいぶん違ってくるのです。
自宅周辺の太陽の光を遮るものがないかどうかも詳しくチェックしておく必要があります。
パネルが日陰になったりすると発電量がぐっと落ちてしまうからです。
太陽光発電は日射量に大きく左右されます。
自宅の地域の日射量を調べてどのくらいの日射量を望めるのか電気代はどのくらい節約できるのかシミュレーションをしなくてはいけないのです。
また太陽光発電の資金について比較検討します。
太陽光発電の初期投資の費用はかなり掛かってしまいます。
そのための国の補助制度、自治体による支援、住宅金融支援機構の支援、さらに販売店や太陽光発電メーカーのローンなどいろいろな支援があります。
これらの補助や支援をできるだけ使いながら資金をどのくらい必要か考えてみましょう。
各メーカーのホームページで発電量や節約電気料金、それに環境にどのくらい貢献できるかというシミュレーションがあります。
これは簡単な操作でシミュレーションできて便利です。
都道府県を選択して、システムの設置場所か近い地域を選択します。
電気料金メニューを入力して太陽光発電の買取制度について選択します。
生活パターンや現在の電気料金を入力してシミュレーションができるので比較してみましょう。